赤羽のアラフォーキャバ嬢に聞く!急増中の熟女キャバクラのススメ

あなたはいくつ当てはまる?こんな人にオススメの熟女キャバクラ



別の仕事をしているが、もっと稼ぎたい

昼間はOLをしている方でも「もっとたくさんお金が欲しい」と言う理由でナイトワークを始める方がとても多いです。
少しずつ景気回復しているとは言っても、庶民が実感出来るケースは殆どありません。
大手企業勤務の方や公務員、一部の会社経営者にとって「給与が増えた」「会社の業績が上がった」などの形で還元されているのかもしれませんが、中小企業勤務のOLでは収入はハッキリ言って頭打ち。

少ない給料では貯金も出来ず欲しいブランドバッグや洋服も買えず、じっと我慢しなければなりません。
旅行にも行きたい、習い事もしたいと思っても現実は残酷。
お金がなければどうにもなりませんよね。

収入に不満のある30~40代女性が昼職と並行して出来る仕事にも限りがあります。
昼職の方は夜間や休日に時間の余裕があるので、これら時間を使って出来る効率の良い副業としてナイトワークがあげられます。
キャバクラ、特に中年の女性が働きやすいのが熟女キャバクラなんです。
お店には似たような年代の女性が多いので若作りする必要もありません。

30~40代くらいの年代になると、家庭をもっている主婦の方も多いはず。
主婦は家計の切り盛りを担う役割を負っていますので

「旦那の給料だけでは、子供を私立の中学校に進学させられない」
「家のローンと生活費を払ったら貯金が出来ない」
「あと5万円収入が多ければ、子供に習い事をさせられる」

など、お金が必要な事情も多々。

どうしてもプラスアルファの収入が欲しい女性にとって、短時間に効率よくお金が稼げるナイトワークは狙い目。難しい接客も必要ないので、すぐに仕事が出来ます。

ナイトワーク未経験でも安心!

熟女キャバクラ初体験の女性は、まず面接で「ナイトワーク未経験です」と告げてください。
未経験者だからと言って必ずしも不利になるわけではありません。
逆に未経験者が経験者のフリをすると、お店との信頼関係にヒビが入ります。面接では真実を話す方が良いです。

未経験者の場合、体験入店時や面接終了後に店舗スタッフや先輩キャストから簡単なレクチャーを受けます。
お酒について知識がなければお酒の種類を説明してもらいますし、基本となるお酒の作り方、ソファーのどの位置に座れば良いか、名刺の渡し方、ハンドサインの出し方など教えてもらえます。

熟女キャバクラのキャバ嬢だからと言って、特別難しい接客をしなければならないわけではありません。
基本的な接客マナーを教えてもらったら、後は笑顔!笑顔の可愛い女性はやはり魅力的なのです。